2年目。

先日、トウブコ終えて数日、東京あたりをうろうろしていました。 一年ぶりの東京は、「面白いけど疲れる」。一年前まで感じていたことと一緒。 電車に揺られながら、帰りの高速で車走らせながら、うちの店の次の一年を考えてました。 テーマは「質を高めること」。 「質を高める」とは何か。もちろん高級な食材を使ったり、高級な食器や家具を揃えることではありません。 良いもの=永く使えるもの。 永く使えるもの=捨てられないもの。 捨てられないもの=想いを感じられるもの?ぐるぐる考えが回ります。 店をしていて、「これってどういうものですか?」と質問されたとき、何が浮かぶか。 そのモノに出合ったときの心情だったり、実際食べて感じたものだった り。 そう、自分の身体で感じたものを、どれだけ自分のなかに持っているか。この情報が多すぎる世の中で、徹底的に「自分」を主語に、その純度をどれだけ高 められるか。結局のところそれが「質を高める」ことになるんじゃないのか。そんなことを思いました。抽象的なことって頭が疲れます。。 知れば知るほど、重心は低くなり、体幹は太くなり、謙虚になる、はず。10年、20年続けていくためにも、モノゴトの質をちゃんと感じられるように。 「目の凝らし方」、「耳の澄まし方」というものがあるんじゃないか。ちゃんと考える必要があります。 消費とは何か。お金とは何か。価値とは何か。外食とは何か。コーヒー飲むとは何か。居心地とは何か。愉しむとは何か。ぐるぐる考え続けます。「高級」ではなく、「恒久」な店にしたいなあと高速降りるころに浮かんで、一人悦になりました笑。 動きが色々あります。まずは、営業時

オーニング

ロールテント(オーニングというらしい)が付きました! テーブルと椅子も置く予定です。

一周年になりました

おかげさまで、SATOは9月11日をもって一周年を迎えることができました。 一年前の開店日、不安と緊張の中で店を開店しました。 ランチからのオープン。仕込みもばっちり。沢山お客さん来ても大丈夫!と意気込んでいました。 初めてのお客さんは町民のお爺ちゃん。よっしゃー来た!と胸高鳴ります。が、頼んでくれたのはコーヒー!ズッコケそうになりました笑。忘れられないファーストオーダーです。 あれから一年、特に何も謳わないで迎えた一周年の日でしたが、フツーに忙しい日曜日となりました。 今、ここに来てるお客さんはほとんど一周年のこととか知らない。 一周年だから来てくれてるわけじゃなく、フツーに食事に、お茶しに来てくれてる。 そんなことが何より嬉しく思いました。本当にありがとうございます。 やりたいことはまだまだ残ってます。次の一年も頑張って参ります。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。 一年の区切りということで、お店のマークができました。デザインはkousha時代からお世話になっているオグロエリさん。 山・田んぼ・人が重なる、10年20年地に足つけたお店になれるようなイメージです。ありがとうございます!!

父親の仕事。

SATOの隣では僕の父親が肖像画の店を営んでいますが、今月号のお花の雑誌「フローリスト」で取り上げて頂いています。 挿花家であるatelier doux.ce 谷匡子さんが、全国の手仕事の職人を取材し、花を活けるという連載。 谷さんの活けた花を、うちの親父がコンテで描きました。見開きで対比してあるのが面白いです。 「肖像画」というだけあって、普段の仕事の依頼は99パーセント人物画なのです。 親父が植物を描いたのを見たのは初めてでした。とても素敵です。俺も欲しい。 大変丁寧に、誠実に、取材をして頂きました。谷さん、カメラマンの野村さん、編集さん、ありがとうございました。 人の目で家族を見れた気がして、とても楽しい経験でした!

9月の営業スケジュール

9月の予定です。 今月は何といってもトウブコ!埼玉遠征が待っています。 お休み…5(月)、12(月)、20(火)、21(水)、26(月) 18、19日に埼玉県宮代町にて行われるトウブコフェスティバルに出店するため、SATO店舗では変則営業となります。 17(土)…ランチタイムのみの営業。11時半~15時 18(日)、19(祝)… カフェ営業のみ。14時~17時 ※両日共にお食事の提供はありませんのでご了承下さい ○今月の月イチディナー…10日(土)17時~22時 ※16時で一旦クローズします。 今月も宜しくお願い致します!

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円

tel   0191 - 48 - 5011