こどもカレーがある

少し前ですが、冬休み期間限定のお子様ランチ、先週で終了となりました。沢山のご家族にご利用頂きありがとうございました。 お子様ランチは終わりましたが、常時お出ししている「こどもカレー」がありますよ。鶏ひき肉と香味野菜をベースに、卵、乳製品、小麦粉を使わない、アレルギー対応のカレーです。 サイズは大¥400、中¥300、小¥200。未就学児のお子さんに丁度いいサイズです。プラス¥200で平泉産のストレートりんごジュースを付けられます。 ナチュラルフード100%で、皆さんが笑顔で食べられるお食事をご用意します。お待ちしてます! さてさて、今日は鬼門(何故か暇な日が多い)の土曜日。夜は月イチディナーですので、一旦16時クローズ、17時より再オープンします。 予約も少なめ、フラリとお越し頂いても大丈夫です。こちらもどうぞ、お気軽に。

今週末は月イチディナー

1月のイメージは、お正月もあるし、ということで和。ということで、抹茶と黒豆、ホワイトチョコのパウンドをお出ししてます。しっとりして美味しいですよ。コーヒーともよく合います! 今週の土曜26日は、月イチのディナーです。お酒のつまみやらお食事やらを20種類くらいご用意してます。普段と違う夜のSATOをお客さまに解放してるイメージ。ご家族連れの晩ご飯から夜のお茶っこまで、お気軽にご利用ください。 ご予約はお電話でお願いします。今月は全然予約ありません〜。

出町隼人個展

出町隼人 個展 「lightning and priests」 盛岡市在住の美術作家、出町隼人の展示をSATOにて行います。版画、立体、さまざまな表現がSATO店内を彩ります。 冬の底にいるような、2月の岩手。是非ごゆっくりと、作品をお楽しみください。 ◆会期 2月6日(水)〜3月3日(日) ◆会場 SATO 岩手県西磐井郡平泉町平泉字泉屋73-4 TEL 0191-48-5011 ◆定休日 月、火曜(祝日は除く) ▶︎飲食店での展示となります。お食事や喫茶とともにご覧下さい。 ▶︎今回の展示用に製作された、作家の作品を展示、販売致します。 ▶︎期間中は、今回の展示用に合わせたオリジナルメニューとして、チキンマカロニグラタンをご用意します →詳細はコチラ 作家プロフィール 出町隼人(でまちはやと) 1978年青森県生まれ。 岩手大学教育学部特設美術科にて銅版画を学び、以降、版による表現を続ける一方立体やコラージュ、インスタレーションも平行して制作、発表する。 2011年  「センダイモリオカアート」(宮城県美術館県民ギャラリー/宮城・仙台) 2013年  「アートフェスタいわて2012」(岩手県立美術館/岩手・盛岡) 2014年  「〜岩手発〜 2人×2人展 PartⅠ 田村晴樹×出町隼人」(ギャラリーアビアント/東京) 2014年  「エクサントリシテ」 (シグ・アートギャラリー/岩手・盛岡) 2016年  「種種葉葉(しゅしゅようよう)」 (国際芸術センター青森/青森)

美味しいオリーブオイル

〈オリーブオイルが届きました〉 SATOでは調味料や自家製の瓶詰めをアレコレ販売してますが、今日は新しいお取り扱い商品のご紹介です。イタリア、トスカーナの自然豊かなオリーブ園から、搾りたての超フレッシュなオリーブオイルが届きました。 埼玉時代にお世話になっていた方の娘さんがイタリアに移住し、縁があってオリーブの森を引き継いだそうなのです。ご主人と小さな子どもたちと一緒に、自然の中での暮らしを愉しみながらオリーブオイルを生産しているのだそう。話を聞くだけでワクワクしてきます! コールドプレス、ノンフィルターの、とてもナチュラルな造り。酸化を抑えるため、収穫した日のうちに油を絞るのだそうです。想像するに、とても大変な作業。。 いやらしい苦味も全くなく、身体にスルリと入ります。オリーブのジュースというか、ゴクゴク飲める感じです笑。生野菜に、パンに、チーズに。バニラアイスにかけても美味しそうです。 今年は20本のみの限定入荷。是非お早めにお求めください。試食も出来ますので、お気軽にお声がけくださいね。

こだわるところが違う

今日はランチで営業を切り上げ、夕方からケータリング。とある公民館で、地域の皆さまにお食事、ツマミを色々。。 「うちの料理はこうです、ドーン!」みたいな感じではなく、食べて頂く方々にとって美味しく感じてもらえるかどうかの方が、はるかに大事。岩手に来てからは特にその傾向が強くなってきて、こだわりが無くなってきたというか、こだわるところが変わってきたなと思ってます。歳を重ねたせいか、岩手の大らかさのせいか。。相手をよく見ながら料理を組み立てていく感覚は、どこかDJ的です。どうもありがとうございました! それにしても、施設の厨房の立派さ!味噌加工できるように、豆すり機やムロ、ミンサー、果ては真空マシーンまで(タケノコの水煮とか用)!羨ましい。。 明日は月曜ですが、通常営業(11:30〜17:30)です!お待ちしてます。

うどん作り

今日は朝から、町内の保育施設で親子クッキング。小さな子でも楽しめるものを、ということで、うどん作りをしました。 粉、水、塩をボウルに入れて手でこねる。ひとまとまりになったら、袋に入れて足で踏み踏み! 手のひらで粉を感じる。水が加わって、手がベタベタになる。でも、練るうちにツルツルになる。不快な気持ちや楽しい気持ち、身体や頭を全部使ってお料理してほしいですね。大人より、子どもの方がよく分かってる気もします、多分。。 教えるこちら側も、とっても良い経験をさせて頂きました。ありがとうございました! SATOでは20日まで冬休み限定のお子様ランチを提供してます。親子連れでもお気軽にどうぞ〜

1月のスケジュール

〈1月のスケジュール〉 お正月のドタバタも終わり、のんびりムードの平泉です。ここから3月くらいまでは、本格的にオフシーズン。うちの店もゆったりしてきます。 1月のスケジュールです。定休日は毎週月曜、火曜となります。14日(祝)は営業となります。 ●夜SATO…26日(土)17時〜22時 ご予約受付中 ●10日(木)は、町の親子クッキングの為、SATOオープン時間は12時となります ●13日(日) ケータリングのため、16時閉店とさせて頂きます ●冬休み限定のお子様ランチは、20日まで! どんなに雪が降っても、SATOのある平泉駅周辺は除雪バッチリです。美味しいもの、温かいものを沢山ご用意してお待ちしております。

キジ餅

遡ること大晦日。夜明け前から続いたオードブルが仕上がり、続々と納品されていきました。やりきって、仕事納めもスッキリできた!と思っていたら、夕方にハンターのお客様がご来店。今朝獲ったキジだから!と、一羽の雌キジを頂きました。 というわけで、仕事納め延長。一年の最後の仕事は、キジの羽をむしり、解体すること。疲れまくってましたが、解体していくうちに不思議と力が出てきました。アドレナリンなのか、エネルギーを貰えたのかな、と思ったり。 数日寝かせて、昨日キジ餅にしました。この土地の狩猟をする人々の食べ方です。キジ肉をミンチにしてつみれを作り、キジのアラでとった出汁で煮たお雑煮。ラグーソースのようにダイレクトに和える「ふすべ餅」もあります。 つみれですが、調べると繋ぎにゴボウをすりおろして混ぜているのが面白い。同じ時期に採れるから自然にそうなっていったのかなあ、とも思います。 郷土食は、その土地で採れる作物や気候、人の営みが全て小さな輪の中に包まれているような料理だなと思います。その輪は時代の流れとともに変わり、現代では歪な形になってしまっていたり、輪自体が閉じていないことも多々あるのでしょう。 どうしたって時代は流れていくものなので、過度に悲観するのも良くないと思うんですが、少なくとも先人の知恵を留めておく努力はしないといけないですね。クラシックなレシピに寄り添うことで、新しいものが生まれることもあるな、と思ったりした正月でした。 それにしても、キジのダシはヤバイ。めちゃくちゃうまいですね!今度はラーメン作ってみようと思います(笑)。キジ、ありがとう。

instagram

2019年よりinstagramを始めました。 アカウント sato_hiraizumi 宜しくお願い致します。 明日は都合により、急遽ではありますが早閉めします。15時半クローズとなります。 ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。2019年もどうぞよろしくお願い致します。 今年のしめ縄は、先日参加させて頂いた栗原市でのワークショップで作ったもの。とっても面白かった!自然と共にある暮らしの素晴らしさを感じ、今年一年をスタートします。 明日2日より営業します。2日、3日は短縮営業16時まで、4日以降は通常営業となります。 家族で毛越寺に参拝しましたが、とても気持ち良かったです。うちの店からは歩いて10分。お店共々、是非お出かけくださいね。

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円

tel   0191 - 48 - 5011