良いもの、そこそこ




ちゃんとしたものを、そこそこのお値段で提供したいと思ってます。「街のお店」として、普段使いしてもらいたいと思ってます。


手間暇かけて誠実に頑張っている生産者さんのものは、どうしても値段的に高くなります。というより、それが適正価格だとも思うんですが。ともあれ、それをどうやって「そこそこ」な値段に落とし込むのか、いつも悩みます。


川上の方角を覗き込む度に感じるジレンマ。「こだわりを持って作られるものは高い、だから普段は食べられない」では、良いものは広がっていかない。その垣根を越えて、もっと気軽に食べられて、かつ、知りたい人は深く知ることも出来て、、という仕組みは作れないものか。ちょうど良い着地点を模索する毎日であります。分からん。。


うちのカレー。添えられる野菜は、一関大東の小野寺さんの作る菜種油でグリルしてます。少ない油の量でも、ちゃんと味がします。揚げ物とかじゃなく、こういう使い方をすれば、うちの店の値段設定でも出せる。で、お客さんにも伝えられる。こういうのを増やしたい。

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円

tel   0191 - 48 - 5011