伊達の旨塩



先日、石巻に向かった大きな目的はこれ。

うちの店で使わせてもらっているお塩、作っているところを見学しに伺ってきました。

山田さんのお塩は、小さな釜で丁寧に、数日間かけて作っています。ミネラルが失われないため、舐めてみると塩気以外にも色々と複雑な味がします。

昔は石巻にも沢山の塩田があったそうですが、戦後の国策で一度は途絶えてしまいます(全国どこでもそうですね)。

塩の専売制が解除になった1997年以降に、伊達藩時代から続いてきた塩作りを復活させたのがこちらの会社。

塩について普段から気になっていたこと、アレコレ質問してみると、即座にスパーンと答えが返ってきます。ずっともやもやしてたコリが一つずつ解消されていくようで気持ちよいのです!

やっぱり手を動かしている方々の言葉は真っ直ぐでいいなあ。本でもネットでも知ることのできない塩のこと、直接会いに行ったから知ることができました。ああ本当に良かった。

山田さんありがとうございました!お母さんが買ってきてくれた石巻名物の「赤飯まんじゅう」、衝撃でした。。。すごく旨かったです!

このお塩、SATOでは全てのお料理、お菓子に使わせてもらっています。お土産用に小分けパックの商品も売っていますので、是非手に取ってみてください。

お塩は「縁の下の力持ち」的な存在ですが、いつかこのお塩を主役にしたメニューも出してみたいです。


289回の閲覧
  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円

tel   0191 - 48 - 5011