パンを焼く



ここ最近毎日パン焼いています。練習です。 理由は簡単で、喫茶の時間にお出ししているトーストのパンを、自家製にしたいから。あと素朴に、パスタにパン添えれたらいいよねえ嬉しいよねえと思ったからです(笑)。 今まではフォカッチャくらいしか焼いてこなかったので、図書館で本借りたりネットで調べたり、勉強しながら焼いています。どうしてもムチムチのカンパーニュを焼きたい。地元の南部小麦と、いつもお世話になってる石巻の塩で焼きたい。とりあえずはイーストで納得いくまで、ゆくゆくは酵母起こしからやってみたいです。 「全くやったことのないこと」のいいところは、自分の中に余計な偏見や第三者の意見、要するに「手垢」が付いていないので、素直に貪欲になれることです。中途半端に知識や先入観があると、失敗にビビッてちゃんと失敗できないのです。 後々「アホだったな~」と笑えるような初歩的なミスを、自分の身体でちゃんとミスれるか。年を取れば取るほどきっとそういうの、無意識に避ける気がします。怖いことです。 で、パンです。作ったこと無いんだから、もうこればっかりは毎日焼いてみるしかない、ということで、一日一パン焼いてます。「一体どうしちゃったのよ?」っていう出来のパンが焼ける日もありますが(笑)、イチイチ気にしててもしょうがないのでひたすら焼きます。誰に迷惑かけるわけでもなし、単純に楽しい。営業時間を少し短縮したことで、こういうことやれる余裕が出来ました。パンのお目見え、お楽しみに~!


  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円

tel   0191 - 48 - 5011