「観光」と「旅」



SATOは平泉駅の駅前にあります。駅前というか、もうロータリーの中です。タクシー乗り場が目の前にあります。

「一等地じゃないですか」「観光客、沢山来るでしょ?」「世界遺産の駅前なんだし」とよく言われるんですが、全然来ません笑。電車に乗り遅れた方がコーヒー飲みに来ます笑。(※こちらでは電車が一時間に一本です)

「観光の人」よりは、「旅の人」が多く来られるかもしれません。「観光」は、僕の中では能動的なもの。ベクトルは外向き。旅先を自分に合わせようとするので、「快適さ」や「ホスピタリティー」とかを求めてしまう。コンビニがない!とか、電車少ない!とか文句言う方々も、「自分の基準」を行く先々に当てはめようとするからなのでしょうか。

一方、「旅」は受動的。ベクトルは内向き。行く先々に、自分を合わせようとする。見るもの、食べるもの、泊まるところを大事にするよりは、それらを通じて「そこで感じたもの」を大事にする。旅をしながら、自分を向いている。

それは別にどこか遠くに行かないといけないわけではなく、近所のどっかの店でも感じられるはずなんです。すべては自分次第。日常の中で、新たな驚きと発見ができる人。穏やかで聡明な人に憧れます。うちに来ていただけるお客さんの中にも、沢山いらっしゃいます。そういう「旅する人たち」にとって心落ち着く店で居たいなあと思うのです。

●今週末の「小さな音楽会」、残席少なくなってきました。ご検討中の方、お早めに!詳細こちら



55回の閲覧
  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円

tel   0191 - 48 - 5011